日本で働く!就職成功ガイド

中国語人材 転職のヒント

【中国語人材の転職】女性の転職を成功させる5つの秘訣!

 学生時代を終え、いざ社会に出てみると、性別が違う故に起きる様々な違いを感じる人は少なくありません。特に女性の場合、仕事に影響が出るようなライフイベントが多いため、就職活動の段階から男性より多くの制限を受けてしまっているのも事実です。

 

 無事仕事が見つかり、安定した日々を送っていたとしても、結婚出産など家庭の事情で転職せざるを得ないこともあります。また、一旦家庭に入り育児に専念し、数年後また社会復帰をしたいと考える人もたくさんいます。こうして考えると、女性にとって転職を経験するチャンスは男性よりも多いのかもしれませんね。
今日は転職に直面している女性に気をつけて頂きたいポイントを解説していきます。これらのポイントを知っておけば転職も怖くありませんよ。

 

 

在日中国人女性の転職はもっと大変!

 

統計データによると、2017年末時点で、在日中国人・日本国籍に帰化した中国出身者の人数は約92万2000人になりました。男女比は43対57で、20代以上の全ての年代において女性の人数が多いです。特に20代(23万2203人)と30代(17万2377人)が多く、これから中国に帰国せず日本で生活する場合、多くの女性が日本で結婚や出産を経験すると考えられます。

 

一方で、外国での生活は容易なことではありません。彼女たちの多くは親と遠く離れ、育児の助けをもらえない状況にあります。そのため、より自分にとって働きやすく、育児、家庭と仕事が両立できる環境を望んでいると言えます。

 

また、中国人女性ならではの向上心も手伝って、きちんと自分の力を発揮できる仕事を探したいと考える人はたくさんいらっしゃいます。少し欲張りかもしれませんが、多くの中国人女性は、家庭があっても仕事を厳選し、できればキャリアアップにつながるものを探したいと考えているようです。

女性転職を成功へと導く5ヶ条

頑張り屋の中国人女性転職者の前に厳しい「転職競争」が立ちはだかっていますが、転職時のポイントをしっかり押さえ行動すれば、勝ち抜く可能性は十分あります。女性転職を成功へと導く5ヶ条とはどんなものなのか、早速見てみましょう。

 

①キャリアプランを明確にする

「ビジネスパーソンとしてこうありたい」というイメージを持ってご自身のキャリアプランを考えてみてください。5年後、10年後、どんなキャリアウーマンになりたいのか、その目標を実現するには、何が必要で、どうすればいいのか、徐々にイメージがはっきりしてくるはずです。

 

もちろん結婚や出産、引っ越しなど様々な要因でキャリアが中断したり、優先順位が変わったりすることも十分考えられます。しかしそれでも「こうありたい」というゴールイメージがあれば、自分自身のモチベーション維持につながるだけでなく、面接で自己アピールの材料にもなり、企業側に真剣な態度、仕事への熱意が伝わります。

 

②しっかり働く意欲をアピール

 

企業が危惧しているのは、せっかく女性社員を採用しても、「結婚・妊娠を理由に休職などして本来の業務から離れてしまう」ことや「すぐ退職されてしまう」ことです。どんなに優秀な人を採用しても、すぐ辞めてしまわれたら意味がありません。そのため、企業が大事に考えるポイントは「辞めない人を採用する」ことなのです。

 

子供を持ちたいと思うのは自然なことであり、人生設計の中にあって当たり前のことです。その気持ちを隠す必要は全くありませんが、伝え方を考え誠実に話すのが望ましいですね。例えば、「いずれ出産も考えていますが、「すぐに」というわけでなく、しっかり勉強して会社の戦力になることが優先です。」と言った感じで、きちんと働く意欲をアピールしましょう。

 

 

③ 資格を取るなどして強みを持ちましょう

 

厳しい競争に勝ち抜くためには、資格という強力な「武器」を手に入れることをお勧めします。人によってキャリアプランが違うので、一概には言えませんが、専門的な分野や言語で資格を取るのはもちろんのこと、安定していて家庭と仕事を両立させたい人にぴったりの事務職にも、「日商簿記」など日本で高く評価されている資格があります。

 

自分のキャリアプランに合わせて、長期的な視点から早めに準備すると安心です。将来出産や引っ越しなどによって環境が変わっても、このような資格を持っていることは転職に非常に有利になります。

 

④ 女性に優しい会社のチェックポイント

 

女性にとって働きやすい会社とは、どんなところでしょうか。企業側が用意してくれた仕事環境だったり、福祉制度だったり、これらの情報から「女性に優しい会社」かどうか、見分けることができます。次のチェックポイントを参考に、情報収集してみてくださいね。

 

・柔軟な勤務スタイル(短時間勤務、フレックス、在宅、リモートワーク)
・女性従業員の割合が高く、理解が得られやすい
・充実した研修・教育制度があり、入社後のキャリアアップが期待できる
・子育て支援制度、社内保育施設のありか
・育児休暇の取得率

 

ただし、気をつけて頂きたいのは、面接で育児関連制度ばかり気にする様子を見せないほうがいいでしょう。中国人女性にとって育児支援が非常に重要だということは理解できますが、ここばかり気にしていると、入社動機やモチベーションが疑われてしまう可能性があります。

子供ができてもずっと働けるようにしたいので」といった言い方をすれば、知りたい支援制度を教えていただける上、自分の働く意欲もバッチリ伝わるので、ぜひ試してみてください。
また、「社内の雰囲気を知るため」とし、さりげなく女性社員の割合や年代層などを確認するのも良いでしょう。自分が恩恵を受ける「支援」だけでなく、「キャリアアップ」して、会社に恩返しすることもしっかり考えていると、アピールしましょう。

 

 

 

⑤女性に特化した転職サービス、スカウト機能を活用する

「転職が難しいから」、「一社応募したら落ちたから」と言って、すぐ諦める必要はありません。女性の転職をサポートする女性専用転職サイトも数多くあります。
このようなサイトは、転職エージェントによる支援サービスがとても充実していたり、スカウト機能が備わっていたり、さらに女性が働きやすい企業を多く集めていたりします。相談に乗ってもらえるだけでなく、勤務条件の交渉をしてくれるところもあります。

 

当サイト、中国語人材求人センターも、「中国語人材」と「女性」、この二つのキーワードに注目し、数多くの仕事情報を提供させて頂いております。在日中国人女性にとって強力な助っ人になること間違いなしです。今後ともぜひご活用していただければと思います。

 

まとめ

女性が外国で仕事を探すのはとても大変なことですが、しっかり注意ポイントを把握して頂ければ、自分にぴったりの仕事はきっと見つかります。みなさんも諦めないで、頑張ってくださいね。

 

 

参考サイト

https://raorsh.com/joseinotensyoku
https://doda.jp/woman/guide/soudan/007.html
https://careerconnection.jp/job/guide/4544.html
https://limo.media/articles/-/6534
https://run-way.jp/contents/view/contents_17/
https://next.rikunabi.com/journal/20180208_d/
https://www.pasonacareer.jp/lp/22_160101/?

 

文章:松永悠
TOP